えっ!?本当にトヨタのアクアの新車が70万円も値引きで安くなるの?

もしも、トヨタアクア

新車70万円も値引きして

買えるなんて事があったら信じられますか?

 

車ってかなり高い買い物だから、なかなか買おうと思っても、悩んでしまって行動に移せないですよね?

 

実は私も長い間キューブに乗っていたんですけど、最近思い切ってアクアに乗り換えしようと思っていたんです。

 

そこであることをしたら結果的に70万円もお得に購入することができちゃいました!!

私が実際にめちゃくちゃ安くトヨタのアクアを新車で購入できるマル秘テクニックを特別にお伝えしちゃおうと思います!

 

これは普通のディーラーなんかは絶対に教えてくれないことですよ!しかもステップはたったの2つなのでめんどくさがりの自分でもできました!

 

先に簡単に説明しちゃうと、自分の持っている愛車の実際の価値をきちんと調べて、ディーラーに下取り価格を交渉する!、もしくは、他にもっと高く買ってくれる業者を探して売る!という方法になります!

 

ここからもうちょっと詳しく説明しますが、すぐに自分の愛車の実際に売れる値段を知りたいならこちらから一括査定のサービスに申し込めばOKです!

 

form_btn_01

 

◎実際に購入してトヨタのアクアの詳細です!

aqua1_car_img_01

 

ボディタイプ 2BOX
乗客定員 5名
燃費 37.0km/L
総排気量 1.5L
価格帯 174~200万円

 

ここから本題になりますので、一語一句見逃さずについてきてください!

 

アクアを買おうと思ったら、まずはディーラーに価格を出してもらう事になると思います。

 

ここで大体色々な費用が乗っかってきて、値段が思ったのよりも高くなることがほとんどです。そこでやらないといけないのが、値引き交渉です!

 

これをやることによって値段を下げる事が可能になります。ここで絶対にやった方が良いのが、アクアを扱っている2つのお店で価格をチェックをすることです。 

 

両方の見積もりを取って交渉をすることで最大20万円まで値引きをすることに成功しました!

 

 もしここで値引き交渉をしないと値引き分は損をしてしまうことになります!私の場合は20万円まで値引きが出来たので、ここで20万円を得することになりました!

 

 そしてここからは下取りの話になります。 10年近くも乗っていたキューブだったので、廃棄費用をもらわないと引き取れないなんて言われてしまうかもしれないと内心びくびくしていましたが、10万円で買い取ると言ってくれました。  
アクアの値引き分の20万円、キューブの買い取りの10万円でトータル30万円の費用が浮いたと思っていたんです。

 

 「あれっ?全然普通の事しか言ってない・・・」 そんな風に思ってしまった人は、 もう少し我慢してお読みください!ここからが重要になってきますので、、、 
これで、ほっと一安心と思っていたんですけど、でもこれって実際にお得なのかどうなのかってわからないなって思ったんです。
 だって、下取りの価格の10万円って高いのか安いのかわからないし、値引きの20万円ってのも本当に適正なのかわからないと思ったんです。
 
普通のディーラーはこのような手を使ってきます! 客 もうちょっと値引きしてくれますか?

 

ディーラー 10万円までならできます!

 

客 20万までどうにかならないですか?

 

ディーラー わかりました!20万円でOKです!

 

客 下取りはいくらになりますか?

 

ディーラー 10万円でなら買い取れます。

 

客 わかりました!30万円も安くなったし良かった~^^

 

ディーラー ありがとうございます!

 

一見、お客さんが得をしたように見えますが、実はこれが本音です・・・

 

ディーラー お客さん、もうこれ以上は無理です。20万円までなら値引きできますが・・・。

 

客 もうちょっと値引きしてくれますか?

 

ディーラー 10万円までならできます!(下取りの値段は20万だな!)

 

客 20万までどうにかならないですか?

 

ディーラー わかりました!20万円でOKです!(下取り分から10万円持って来れば良いな!)

 

客 下取りはいくらになりますか?

 

ディーラー 10万円でなら買い取れます。

 

客 わかりました!30万円も安くなったし良かった~^^

 

ディーラー ありがとうございます(よしうまくいったwww)

 

このように、このお客さんは全く得をしていないということになります。下取りの値段を値引きに当てられてしまっているのです。

 

ではどうすればよいのか?

 

それは、ちゃんとした自分の車の適性の価値を知っておくことが必要になって来るのです!

 

それではどうすれば良いのか?

 

答えは簡単です!

 

下取りを出す前に、自分のクルマの査定をディーラー以外の場所でやっておけばよいのです!

 

場所は、どんなところでも大丈夫ですが、2社以上でチェックすることが重要になってきます。

 

でも複数で下取りの値段を調べるのってかなり面倒ですよね・・・

 

そこで紹介したいのが、誰でも無料で利用できる「車一括査定サービス」です!

 

たったの32秒で複数のお店で一気に査定ができちゃうんです!

 

しかも自分が使ってみた一括サービスで、愛車の相場が依頼をする前にわかっちゃうんです!

 

メーカー、車種、年式、走行距離を入れればすぐに査定完了!

 

このサービスを使ってみてわかったのは、お店のよって買い取りの値段が全然違っていることですね!ここまで違うなら複数で調べないといけないと改めてわかりました!

 

有名どころのアップルとか、ガリバーとか、カーセブンとか、一気に下取りの金額の連絡がくるからその中で一番高いところを選べばよいですね!

 

もちろんアクアを買うディーラーとも交渉しやすくなるので、自分の場合も最終的に得する金額も全く違ったものになりました!

 

結局、私が下取りに出した10年近く乗っていたキューブは驚きの50万円で買い取りが決まって、値引きの20万円下取りの50万円をプラスすると、

 

最終的には70万円もの得をすることができちゃいました!

 

もしも査定していなかったら、その差額の40万円も損をしていたと思うとゾっとしますね・・・、、、

 

なんでこんなことになるのかもうちょっと私なりに調べてみたんですけど、ディーラーと買取業者って得意とする部分が違っているからこのような事が起こるんですね。

 

ディーラーは新車を売るのがお仕事なので、中古車を買い取ってもそれを売る事は苦手なんですね。他のメーカーのクルマの場合それが顕著に表れちゃいます。

 

でもガリバーやアップルなどの買い取り業者は下取りをすることを得意としています。中古車を引き取って、売るのがメインの仕事なので当たり前ですね!

 

だからどんな車種の車でも買い取る人を見つける事ができるんです! ということで、格安でアクアの新車をゲットするには、まずは自分の愛車の下取り価格を一括査定サービスで複数社チェックする!

 

そしてその値段を持って、ディーラーと交渉をする。もしもディーラーが適正価格で引き取ってくれない場合は、一番高い買取業者で買い取ってもらう!

 

やることはこれだけです! こんなに長い文章をここまで読んで頂いて本当にありがとうございました!

 

自分も新しいアクアをゲットしてかなりテンションが上がってます^^ 燃費は良いし、最近めっちゃ流行ってるし、アクアに乗ってると快適過ぎますね!

 

もしもアクアに乗ってみたいなと思っているなら、まずは無料のクルマの一括査定をやってみてください! 新車のアクアを手に入れる事が夢じゃなくなるはずです!

 

ちなみに友人にこのことを話したら、セルシオを査定に出して35万円も違ったと言っていました!

 

是非お試しくださいね!ありがとうございました!

 

form_btn_02

自動車メーカーのトヨタで販売している車種にはトヨタアクアという名称の自動車が存在しています。アクアはハイブリッド車として人気があり、5ドアの小型ワンボックスカーになるために、男女問わずに注目されています。特に燃費はリッター30キロを超える性能を持っているために、一般的な自動車と比較した場合では、維持費を安く抑えることが可能とされています。

そんな中、新車で購入することを希望されている方の中には、トヨタアクア値引きについて気になる部分となっている場合があります。トヨタ アクアを買う前の下取り・買取りについては事前にしっかりとした調査を行うことも良い方法になり、その中には必要となる知識とテクニックなども存在しているために、十分に把握した上でトヨタアクア値引きに挑むことがおすすめになります。

まずは、古い自動車を所有されている方の場合では、その処分方法について迷う場面が出てくることになります。新車購入を行う場合では、ディーラーに行ってトヨタ アクアを買う前の下取り・買取りについての詳細を営業マンから聞き出す方法があります。通常では下取りに出すことを勧められ、実質上値引きとする形式をとる場面が多いものですが、実際には中古車の場合では買取りを専門にしている業者があり、下取りではなく買取りを行う方法によって、古い自動車については高値が付く可能性を持っています。

そのため、事前に買取り専門業者からの見積もりを得ておくこともおすすめになりますが、見積もりに関しては短期間に限定された価格とされている一面があるために、素早く行動をとることが必要です。新車の値引き交渉をしっかり行うことが何より大切になりますが、値引きには限界があるために、ある程度の妥協は必要です。しかし、相手側も値引きできる範囲というものを持っているために、可能な限り話し合いを設けて値引き交渉をしっかり行う方法によって、最大限に交渉を活かすことができます。

予算の都合上としてまだ値下げを行うことが必要とされている方のケースでは、やはり値引きには限界があることを考慮して、装備品などパーツ類の見直しを行う方法も用意されています。一般的にはグレードを下げて購入する方法になりますが、この点に関しては人によっては使用しないパーツ類も含まれているために、ディーラーの営業マンからの説明を受けることが良い方法です。下取り価格に関しては一般的には買取り額として売却する方が高値になるケースが多く見られるために、本来であればお得に活用することができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ